読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

現状では4度上昇…温室効果ガス40~70%削減を IPCC新報告書

 国連気候変動に関する政府間パネルIPCC)は13日、地球温暖化の深刻な悪影響を避けるための国際目標の達成には、2050年の温室効果ガス排出量を10年比で40~70%と大幅に削減する必要があるとした第3作業部会の新報告書を公表した。このままでは平均気温が産業革命前より4度前後上昇すると指摘している。

 報告書によると、1970年以降でも特に最近10年の温室効果ガスの排出増加が大きく、大気中濃度は11年に約430ppmになった。MSN産経ニュース 2014.4.14