読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

危険なPM2.5に対策も予算もない韓国(1)

危険なPM2.5に対策も予算もない韓国(1)

09時27分 

[ⓒ 中央日報/] comment13hatena0 

  22日午後、中国・北京にはスモッグが発生し、25日未明まで続いた。北京の米国大使館が毎時間ツイッターで発表した微小粒子状物質(PM2.5)濃度は23日未明、1立方メートルあたり394μg(マイクログラム、1μg=100万分の1グラム)まで上がった。 

  微小粒子状物質は直径2.5μm(マイクロメートル、1μm=1000分の1ミリメートル)以下で、粒子状物質(PM10、直径10μm以下)より毒性が強い。米環境保護局(EPA)のPM2.5の環境基準値は35μg/立方メートル(24時間平均濃度)で、300μg/立方メートルを超えれば「危険」段階に分類する。米国大使館が発表した今年1月の北京のPM2.5濃度は最高886μg/立方メートルだった。 中央日報日本語版2013年11月26日