読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

北京、最悪水準のスモッグ 数百メートル先がかすむ

【北京共同】中国北京市は3日、深刻な大気汚染に見舞われ、在中国米大使館サイトによると、微小粒子状物質「PM2・5」を含む汚染指数は最悪レベル(危険)の330となった。

 市中心部は終日、スモッグで覆われ、数百メートル先のビルが白色にかすんだ。隣接する河北省でも石家荘市で264となるなど、各地で最悪から2番目の「重度汚染」となった。

 中国メディアによると、中国気象局の専門家は「降雨による高湿度で霧が立ち込めやすい上、風が弱いため、汚染物質が滞留している」と述べ、汚染状況はしばらく続くとの見方を示した。 共同通信47news.,2014/07/03