読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

■[FAO]マダガスカルのサバクトビバッタの大発生は止まったが再発のリスクは高いComments

Add Star

Locust plague in Madagascar halted, but at great risk of resurgence

2 October 2014

http://www.fao.org/news/story/en/item/251877/icode/

FAOとマダガスカル政府の成果は資金不足により脅かされている

2012年4月に始まったマダガスカル移動性バッタによる被害はこの国の南西から北上し2014年4月までにマダガスカル最大の稲作医地域に拡大した。FAOとマダガスカル政府による対策でさらなる被害はくい止めた。各国から2800万ドルの支援と殺虫剤の寄付があった。しかし今後の対策の資金が不足している。

ちなみに殺虫剤の散布についてどうやって安全対策をしているかは以下

http://www.fao.org/ag/locusts/common/ecg/813_en_FightingDLsafelyE.pdf

2014-10-03 - 食品安全情報blog