読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

名古屋議定書が発効、日本は批准間に合わず

 

名古屋市で2010年に開かれた国連生物多様性条約第十回締約国会議(COP10)で、生物の保全と持続的利用を目指して採択された「名古屋議定書」が10月12日に発効する。

 

「50カ国・地域の批准から90日後に発効する」となっており、2014年7月に批准国が50カ国に達した。

日本は2011年5月11日に署名し、政府(民主党政権)は2012年9月28日に、生物多様性保全と持続可能な利用に関する政府の基本的な計画となる「生物多様性国家戦略2012-2020」を閣議決定し、可能な限り早期に名古屋議定書を批准し、遅くとも2015年までに名古屋議定書に対応する国内措置を実施することを目指すとした。 化学業界の話題 2014年10月13日