読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

大陸から越境だけでないPM2・5…桜島からも

読売新聞


微小粒子状物質(PM2・5)と鹿児島県の活火山・桜島の噴煙との関連性を指摘する調査結果が相次いでいる。

大陸からの越境汚染が要因とみられてきたPM2・5だが、微小な火山灰や、火山ガスが化学反応して粒子化したものが含まれることもあり、予報精度の向上などを目指して研究が続けられている。

NSNニュース」2015-05-08