読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

日本の環境産業が急速に発展


日14:12

ここ数年、日本の環境産業が急速に発展している。統計によると、2000年の市場規模は58兆円で就業者数は160万人だったのが、13年は93兆円、255万人に拡大したという。「経済日報」が伝えた。

日本の公的な分類によると、環境産業は環境汚染対策産業、省エネ・汚染物質排出削減産業、廃棄物再利用産業の3つに大きく分かれる。現在、廃棄物再利用産業の市場規模が最も大きく44兆円に達し、就業者数は133万人に上る。科学技術の開発の進歩にともない、省エネ・汚染物質排出削減産業の市場規模が急速に拡大し、13年は28兆円に達し、就業者数は57万人になった。専門家は、「省エネ・汚染物質排出削減産業は環境産業全体の中で市場における潜在力が最も大きな産業になる」と予測する。人民網日本語版 2015年08月06