読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

東アジア域の降雨における減少は熱帯域の海水温の影響

 

~暖かいインド洋と冷たい太平洋の複合的効果~

国立大学法人筑波大学(以下、筑波大学)生命環境系の植田宏昭教授、国立環境研究所の釜江陽一研究員(現所属:筑波大学生命環境系 助教)らの研究グループは、気候モデル注1を用いた数値実験の結果と観測データを照合し、アジア域の熱帯から中緯度にかけての広域的な降水システム「アジ アモンスーン」の近年の変動は、遠く熱帯域の海水温の特異的な傾向によって説明されることを明らかにしました。近年の海水温の分布は、西部を除く熱帯太平 洋上の海水温は低く、熱帯西部太平洋からインド洋にかけての海水温は高い状態が続いていました。これは、ラニーニャ注2として知られる典型的な対応関係と は逆の現象で、日本を含むアジア域を始め、遠隔地の気候にどのような影響があるのか、明らかにされていませんでした。 日本の研究 2015-11-13