読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

北京の大気汚染、初の最悪「赤色」警報 市民の不満膨張、当局“保身”疑惑も

産経 SankeiBiz.,2015.12.8」
 
8日、北京市内をマスクを付けずに歩く男性らの集団(川越一)

 

  • 8日正午ごろの北京市内の幹線道路「長安街」のジャンクション。1日よりも交通量が激減していた(川越一撮影)
  • 今月1日正午ごろ、深刻な大気汚染が発生し混雑する北京市内の幹線道路「長安街」のジャンクション(川越一撮影)
  • 8日、北京で最も高い中国国際貿易センター第三期前をマスクをつけて歩く市民。大気汚染が深刻になると地上330メートルの同センターの上部は霞んで見えなくなる(川越一撮影)
  • 8日、北京で最も高い中国国際貿易センター第三期(右のビル)前をマスクをつけて歩く親子。大気汚染が深刻になると地上330メートルの同センターの上部は霞んで見えなくなる(川越一撮影)

産経 SankeiBiz., 

【北京=川越一】深刻な大気汚染が続く北京市で8日、4段階の警報の中で最悪の「赤色警報」に伴う車両の通行規制な どが実施された。赤色警報が出されたのは、2013年10月に警報システムが試行・導入されてから初めて。市民生活や経済活動に影響が出る中、過去の対応 と比較し、当局の“保身”を疑う声も出ている。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151208/mcb1512081800034-n1.htm