読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

森林環境税を創設へ 温暖化対策に活用、政府・与党調整


朝日新聞デジタル


 政府・与党は、温暖化対策として森林の整備を進めるため、新たな税を創設する方向で調整に入った。12月10日にまとめる来年度税制改正大綱に盛り込むが、導入時期や金額は今後の検討課題とする。

 新税は「森林環境税」(仮称)。国税とし、与党内の議論では、市町村が徴収する個人住民税に上乗せする形で国民から広く薄く徴収し、それを国から市町村に渡して、市町村が独自の森林整備事業に使う仕組みを検討している。

 森林整備のための税は、全国で35県が独自に導入している。県民税に1人あたり年間500~1千円上乗せする形式が多く、今年度の予算ベースで税収は280億円になるという。国税はこれと並んで徴収することになる。ただ、与党・公明党内には「増税は国民の理解が得られない」との慎重論もある。msnニュース 2015-11-28