読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

温暖化、食料・安全脅かすと警告 IPCC報告書原案 

  地球温暖化によって食料生産が減少し人間の安全が脅かされると指摘した、国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の第2作業部会報告書原案が31日、分かった。2014年3月に横浜市で開かれる会合で、7年ぶりの改定となる報告書を承認する。

 「温暖化が進むほど克服困難な悪影響が広範囲に生じ、人間や自然が適応できる限界を超える恐れが高い」と従来以上に踏み込んで警告。「今後数十年で温室効果ガス排出を抑制すれば、今世紀後半の気候変動リスクを軽減できる」として、対策の強化を促した。共同通信47News.,2013-12-31