読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

小型渡り鳥、尾羽根の異常が急増 2011年秋から

編集委員・上田俊英

 オオジュリンという小型の渡り鳥の尾の羽根に、2011年秋から、虫食い状に欠けていたり長さがふぞろいだったりする異常が広がっていることが、山階(やましな)鳥類研究所の調査で確認された。原因はわかっていないが、寄生生物や未知の感染症東京電力福島第一原発事故で放出された放射性物質の影響などを可能性としてあげている。 朝日新聞(Web版) 2014年5月24日