読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイオ塾情報創庫【自然と環境と技術】

バイオ塾の情報創庫への投稿情報を公開しております。

生物多様性の悪化止まらず 国連環境計画、6年後を予測

 生物を取り巻く地球環境は依然として厳しく、2020年には、生物種や生態系の多様性が現在よりも悪化している恐れが高いとの予測を国連環境計画などの国際チームがまとめ、2日付の米科学誌サイエンス電子版に発表した。

 韓国の平昌で6日から始まる生物多様性条約第12回締約国会議(COP12)では、10年に名古屋市で採択された20年までの生物多様性保全目標「愛知ターゲット」の達成状況が主要議題となる見通し。チームの分析結果も議論に影響を与え、各国に保全対策の加速を促すことになりそうだ。

 チームは、生物の絶滅リスクの減少などの目標に対する達成度合いを推定した。

 共同通信47news.,2014/10/03 03: